TOP > きょとねの寄席見聞録 > 落語は聞け 高座は見よ

落語は聞け 高座は見よ

2012.03.17(土)

【平成開進亭】

江戸落語の最大勢力・柳家一門から喬太郎さんを迎えての平成開進亭。開場前から大勢のお客さんが行列し、ほぼ満席の状態でした。枝光さんの弟弟子である文昇さんが開口一番を務め、マクラからがっちり笑わせて客席を温め、続いて枝光さんが十八番の『ちりとてちん』を披露。上方ならでは派手なアクションで会場を沸かせました。

仲トリは喬太郎さんの『按摩(あんま)の炬燵』。寒さの厳しい夜、按摩に酒を飲ませ、ポカポカ暖まった按摩の体に布団をかけて炬燵代わりにしようという噺。とんでもない発想ですが、だんだん酔っていく按摩のおかしさと、番頭との友情、小僧たちの無邪気さが明るく大らかな情景を描き出していきます。表情や目つき、セリフの間(ま)が、ズシズシと効いてくる一席でした。
仲入り後は喬太郎さんお得意の創作落語『白日の約束』。ホワイトデーにちなんだ旬の根多です。バブルの香り漂う自意識の強いタイプの女性が最高に面白いですね。

して、トリ根多は枝光さんの『紙屑屋』。上方では『浮かれの屑より』というタイトルで呼ばれることが多い大根多ですが、この日演じたのは五代目桂文枝から受け継いだ文枝一門伝統の一席で、高座の上を縦横無尽に動き回る型破りなスタイル。座布団を舞台袖に向かって放り投げた瞬間は、会場から「えっ!」とどよめきが起きました。現在、上方・江戸を問わずこんな演じ方ができるのは枝光さんただ一人。機会があったらぜひご覧ください。こればっかりはCDでは楽しめません。(Report:きょとね)

平成開進亭 ゲスト:柳家喬太郎 桂文昇
3月8日(木)@エルプラザ

『たぬ賽』 文昇
『ちりとてちん』 枝光
『按摩の炬燵(あんまのこたつ)』 喬太郎
<仲入り>
『白日の約束』 喬太郎
『紙屑屋』 枝光

Print Friendly


こちらもどうぞ。

当サイトはTeam2-3が独自に収集した情報をもとに作成しています。すべての落語情報を網羅しているわけではないのでご了承ください。また、各会の開演日時・料金等は各自でご確認くださいますようお願いいたします。
また、記事の無断転載はお控えください。

 

運営会社  (株)チーム2-3

Copyright (C) 2011 Team 2-3