TOP > きょとねの寄席見聞録 > 夕暮れの白鳥

夕暮れの白鳥

2013.07.26(金)

写真【テレビ塔落語会】2013年7月24日(水)@さっぽろテレビ塔2F しらかば

新札幌のサンピアザ劇場で4年間続けられた「サンピアザ落語会」が装いも新たにさっぽろテレビ塔でリニューアルオープン。新札幌にはなかなか通えなかったけどテレビ塔なら行きやすいと思いさっそく覗いてみました。

テレビ塔2階のレンタルスペース「しらかば」には60席ほどの椅子がならべられ、鉄筋コンクリートのぶっとい柱に挟まれるように高座がしつらえてある。開演前はまだ外も明るく、大通公園を一望。サッポロシティジャズの大テントの向こうにビアガーデンのにぎわいも見えました。開演直前にはほぼ満席となり、白鳥師の求心力とテレビ塔の地の利が効いたかな、という感じです。大きく開いた窓をバックにした高座というのはかなり珍しいかも。徐々に日が暮れて、ビルの灯りが目に入るけど、噺に入り込んでしまえばなんとかなるかな。

0724テレビ塔白鳥

白鳥師の『トキそば』は、佐渡のトキに引っかけたネタ。東京中心主義の江戸落語界にもの申す地方人の気概たっぷり。2席目の『火焔太鼓』は、たしかにストーリーは火焔太鼓だけど登場人物もセリフも大胆にアレンジした改作。お客さん大爆笑。

べん橋さんは落ち着いたテノールの声がいいですね。『妾馬』では早口の江戸弁に置いていかれそうになったけど、『引っ越しの夢』はじっくり聴けました。マイクなしでもよく通る声は噺家にとって強い武器になると思います。

テレビ塔は交通の便もいいし、スペースも手頃。2カ月に一度はちょっとさびしいけど、仕事帰りにフラリと立ち寄れる寄席のような存在になったらいいなと期待しちゃいます。(Report:きょとね)

※主催者・出演者の許可をとって撮影しています

一、トキそば   白鳥

一、妾馬     べん橋

<仲入り>

一、引っ越しの夢 べん橋

一、火焔太鼓   白鳥

 

 

Print Friendly


こちらもどうぞ。

当サイトはTeam2-3が独自に収集した情報をもとに作成しています。すべての落語情報を網羅しているわけではないのでご了承ください。また、各会の開演日時・料金等は各自でご確認くださいますようお願いいたします。
また、記事の無断転載はお控えください。

 

運営会社  (株)チーム2-3

Copyright (C) 2011 Team 2-3